×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個人売買について

個人売買について考えてみたいと思います。昔と違ってインターネットが普及して、そこでネットオークションで、自動車も買える時代となりました。ネットオークションの場合、割安感があり、お得になった気分を味わえます。

 

 それに、自分が探している車種だけを狙えばいいのですから、わざわざ中古車販売店や、ディーラーの中古車販売店を回る手間暇もかからない訳です。そして、営業マンから、あれはどうですか?この車はどうですか?といったやり取りもないので煩わしさも感じることがありません。

 

 ヤフーオークションなり、楽天のオークションなりで、気に入った車を探して、入札すれば良いだけですから、何も動かなくて良い訳です。それに、最初の車を購入しようと思えば、中古車販売店やディーラーを回ろうとしたら、すでに車を持っている友人に、お願いして回ってもらわなければなりません。そうすると、友達の車を乗せて貰っている分、ガソリン代はともかく、親しき仲にも礼儀ありと言う言葉もあるように、やはり、気を使ってしまいます。

 

 だったら、気兼ねなくパソコンの前に座り、気に入った車を探し出して、入札をしていけばいいだけのことですから。それに加えて、中古車販売店の相場よりかは安く手に入るので良いでしょう。

個人売買の落とし穴

さて、前回は個人売買のメリットを述べましたが、今回はデメリット、いわゆる、個人売買の落とし穴について考えてみたいと思います。個人売買はお手軽ですが、その手軽さゆえに、落とし穴が潜んでいるんです。

 

 まずは、自動車を売る場合、まずは、書類一式を用意しなければなりません。譲渡証、自動車の登録に関する委任状、自賠責保険の名義変更をするための書類。印鑑証明書。これらを用意しないといけません。

 

 それに加えて、今度は自動車を購入する人は、その書類一式を揃えて、まずは、車庫証明書、そして、登録先の陸運局。それらをすべてやらなければなりません。これは、自動車の登録に慣れていない人には、ハードルが高いです。

 

 ここで、問題になってくるのは、ネットオークションでの売買なので、相手の素生が良く分からないということです。仮にあなたが自動車を売った場合、相手を信用しないことには始まらないです。もし、相手が誠意のない場合、自動車の名義変更をしないまま、過ぎてしまうと、どうなるか?

 

 乗ってもいない自動車の自動車税がかかってきます。いくら、あなたが売ったと主張しても名義変更をされていなかったら、名義はあなたのままですから。それに加えて、もし、相手が犯罪者なら、悪用されかねません。駐車違反やスピード違反、それらすべては、あなたの名義になっています。だから、相場より高く売れたと喜んでいても、そういう落とし穴が待っているということを肝に銘じて、個人売買をしなければなりません。