×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

事故車の購入について

事故車の購入について考えてみましょう。一般的に事故車は敬遠されがちですが、どの程度のことで事故車というのでしょうか?まずは、そこの定義から考えてみたいと思います。例えば、フロントフェンダーの交換やバンバーの交換、ドアの交換など、様々な交換部品があります。そのなかで、事故車と呼ばれるのは、フロントフェンダーの交換だけでは呼ばれません。中の人間で言う骨格ですね、これを破損している場合は、事故車として見られる訳です。

 

 そう考えると、事故の大小によって、値段も変わってきます。大破した車などは、論外ですが、オークションなどで事故車として認定された車は、同じ年式、グレードでも、かなり、低価格で落札されることがあります。事故車として、明確に表示されていて、安く販売している業者なら、安心することが出来るでしょう。それにディーラーでもたまに事故車を取り扱うことがあります。それなら、保証もつきますしより一層安心できます。

 

 ただ、ディーラーは事故車を取り扱うことは嫌がるので、滅多に店頭に並ぶことはありません。大抵は中古車専門店に売却することが多いです。それか、オークションに出してしまうことがほとんどです。事故車を気にしないというのであれば、自分が最後まで乗りつぶすと言う気持ちもあれば、購入しても良いでしょう。それなら、その人にとってはお買い得商品となりますので。

事故車の売却について

今度は、事故車の売却について考えてみましょう。運悪く、自動車事故を起こしてしまい、事故車となってしまい、縁起が悪いと言って手放す方が実際は多いです。しかし、事故車だからと言って、安く買いたたかれるのは嫌だと言うのが、人の常ではないでしょうか?

 

 最初から、事故車だからと言って諦めるのは早いです。一番最初で提示した、中古車一括査定を用いれば、ディーラーに下取りを出すよりかは、ある程度の金額にはなります。中古車買い取り専門店を回っても良いです。やはり、少しでも高いところで売却したいというのが本音ですから、ここは、労力を惜しまずに、中古車買い取り専門店を何社か回っていきましょう。

 

 そうすれば、下取りの金額よりかは、高い金額で買い取ってくれます。ただ、やはり事故車ですから、過度な期待は持たないようにしましょう。やはり、中古車買い取り専門店も商売ですから、次の売却先のことも考えての査定金額を出してきますので、ここは、我慢のしどころですね。

 

 先程も述べたように、事故車でも構わないと言うお客さんがいる限り、あからさまに、買い取り価格を叩かれるということはないですが、やはり、事故車は事故車なので、安く販売されますので、当然、買い取り価格にも影響してきます。その点を踏まえて、行動をしていったのが良いでしょう。