×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車両保険について

さて、今度は車両保険をつけたらいいか、つけなくてもいいのかということについて考えてみようと思います。一般的に車両保険とは自損事故や、追突事故によって、車両が破損した場合、例えば修理代金が25万円として、免責金額が5万円と仮定します。免責金額とは、保険会社が払う金額の中に含まれておらず、自己負担金となって払う金額のことを指します。

 

 先程の例ですと、5万円が免責金額なので、その5万円は自己負担になり、残りの20万円は保険会社が支払ってくれるということです。もし、車両保険にはいっていなければ、25万円を支払わなければならないとうことです。これだけをとってみれば車両保険をつけたのが良いじゃないかと思われがちですが、この車両保険が高いこと。年間の保険料を車両保険の有無により、大分差額が出てきます。

 

 もし、自分は安全運転だから大丈夫だと思われていたら、大やけどを負う場合があります。常にリスクを考えとかないと、あの時、車両保険をかけていればと悔やむことになりかねません。それに、盗難された場合でも、ある一定期間が過ぎれば、保険金が支払われるケースがあります。

 

 何も事故をしたときにだけ使う保険ではないということです。ただ、一点注意したいのは、外品のアルミホイールやエアロパーツを装着していた場合、任意保険に入る際に、きちんと明細をかかないことには、純正の値段でしか保険金が下りないのでご注意してください。それと、頻繁に車両保険を使っていたら、免責金額があがりますので、くれぐれも、お忘れないようにしてください。